セレナe-powerは税金の負担が同じクラスの他のミニバンよりも安いです。

セレナ e-power 自動車税

セレナe-powerの税金、まずは自動車税についてですが、排気量が1200ccなので自動車税が年額34500円となります。 自動車税の1年間の税額は乗用車の場合は、排気量別に以下のように変わります。

排気量 税額
1.0リッター以下 29,500
1.0超~1.5リッター以下 34,500
1.5超~2.0リッター以下 39,500
2.0超~2.5リッター以下 45,000
2.5超~3.0リッター以下 51,000
3.0超~3.5リッター以下 58,000
3.5超~4.0リッター以下 66,500
4.0超~4.5リッター以下 76,500
4.5超~6.0リッター以下 88,000
6.0リッター超 111,000

排気量500cc毎に税額が5000円ずつ変わるのですが、セレナe-powerの場合は排気量1200ccのため表の赤字箇所に該当します。

セレナe-power以外の同じクラスのミニバンは1800cc~2000ccなので、一つ上の区分の税額になります。
(唯一ステップワゴンのガソリン車のみ1500ccでセレナe-powerと同じ区分の税額です)

自動車税は毎年4月~3月までの年度単位で1年分を納めるのですが、新車購入時はナンバー登録の翌月から3月までの月数分の税金を収めます。
この月数分の自動車税は、新車購入時のいわゆる諸費用としてディーラーで出す見積書に含まれ、ディーラーが代わりに納めてくれます。

もしも3月にナンバー登録する新車を購入すると、翌月は新しい年度に入るため、ナンバー登録した年度の自動車税の税額は0円となり、翌年度の4月下旬以降に届く自動車税納付書で1年分を払うことになります。

セレナe-powerの場合は、この翌年度の自動車税に対して、エコカー減税と一緒にされることが多い「グリーン税制」という制度によって自動車税の税額が安くなります。 セレナe-powerは排気量1200ccなので本来自動車税は年額「34500円」ですが、この「グリーン税制」のおかげでナンバー登録の翌年度だけは年額「9000円」と「25500円」も税金が安くなります。

セレナ e-power エコカー減税

セレナe-powerにはエコカー減税も適用されます。 上記の「自動車税に対してのグリーン税制」とは別に、エコカー減税では購入時の「自動車取得税」「自動車重量税(次の車検までの3年間分)」に対しての減税があります。

また、見過ごされがちなのですが、環境性能の基準を満たせば、さらに3年後の最初の車検で支払う「自動車重量税(さらに次の車検までの2年間分)」に対しても減税になることがあります。

セレナは国が定めている条件をクリアしているので、以下の内容でエコカー減税が適用されます。

<新車購入時>
自動車取得税:免税(100%減税)
自動車重量税:免税(100%減税)

<初回車検時>
自動車重量税:免税(100%減税)

エコカー減税は適用の条件が毎年変わるのですが、セレナe-powerに関しては「平成30年4月1日以降の自動車取得税の新条件」、「平成30年4月1日以降の自動車取得税の新条件」ともに一番良い条件でのエコカー減税の適用が可能なので、しばらくは上記の条件適用となります。

サイト管理人情報

元自動車セールスマンおよび車の査定士。他よりも値引きができないディーラーに勤務していたことから、車本体の値引き以外で車を安く買うことができないか考えていました。ディーラー勤務時は社内ルールに抵触するので伝えられなかった方法を当サイトにまとめています。

© 2018 セレナ e-power 値引き rss