セレナ e-power 試乗 感想 セレナe-powerの試乗をしました。

e-powerではないセレナにも以前試乗したことがあるので、セレナe-powerとノーマルセレナの比較も含めて感想、レビューをまとめます。 ノートe-powerを試乗した時との比較もしてみます。

セレナ e-power 試乗 レビュー

セレナe-powerの試乗をさせてもらったのは、日産本社グローバルギャラリーです。
JR横浜駅から徒歩5分くらいの場所で、セレナe-powerの展示車もたくさんあります。 セレナe-powerの試乗車は、私が行った時にはノーマルのセレナe-powerとハイウェイスターの2台が用意されていました。

「走行性能はどちらも同じです」 と説明がありましたが、せっかく選べる状況だったので、かっこいいハイウェイスターのセレナe-powerを試乗することにしました。

セレナ e-power 試乗前

セレナe-powerの試乗前に操作の説明がありました。
通常のセレナと違いとして注意したいのは「シフトレバー」と「走行モード切替」のボタンについてです。

シフトレバーはトヨタのプリウスなどと同じ、切り替えしたいポジションにシフトを動かすと真ん中に戻るタイプです。

写真

今シフトがどのポジションに入っているかについては、スピードメーター横のディスプレイの表示で確認することになります。 これは慣れないとちょっとわかりにくい方もいると思います。

セレナe-powerの特徴にもなっている「走行モード切替」はハンドルから見て右奥にある「DRIVE MODE」というボタンで行います。

「DRIVE MODE」ボタンを押すと、スピードメーター左のディスプレイに走行モードが表示されるので、ディスプレイで選択中の走行モードを確認します。 走行モードによる走りの違いについてはまた後ほど書きます。

セレナ e-power 試乗 加速の感想

セレナe-powerの試乗での加速についての感想・レビューです。

セレナe-powerはモーターで加速できることが売りなので、加速性能にもかなり期待していました。

ノートe-powerを試乗した時には、e-powerじゃないない通常のノートと比べて明らかに加速力がアップしていたからです。ちなみに、ノートe-powerは「2.0Lのターボエンジン車」と同等の加速力があると説明がありました。セレナe-powerの加速も、同じくらいの加速を期待していました。

セレナe-powerの試乗で体感した加速ですが、車重があるせいかノートe-powerで感じた、強力でスムーズな加速は感じられないというのが正直なところでした。 一番加速重視の走行モード「S」を使って高速道路への合流時の加速もしましたが、ノートe-powerの「ひと踏み惚れ」ほどの体感はありませんでした。

よく考えるとセレナe-powerの宣伝で加速については「対2.0Lクラスのミニバン比」での加速の良さをアピールしているので、少し期待シし過ぎたかもしれなかったです。

セレナe-powerの試乗で感じた加速について、ここまであまり良い評価はしていませんが、「対ノーマルセレナ」との比較においては、セレナe-powerの加速はかなり良くなっています。

ノーマルのセレナの試乗では、停止状態でアクセルを踏んだ時に加速までにワンテンポ遅れる「もたつき」を感じましたが、セレナe-powerでは全く感じられませんでした。セレナe-powerの方が加速が強いのは間違いないと思いますが、加速の良さよりもアクセルを踏んでからの反応、レスポンスの良さがセレナe-powerの魅力なのかもしれません。

セレナ e-power 試乗 走行モード

セレナe-powerの試乗で3つの走行モードの切替をして比較もできました。 3つある走行モードそれぞれの試乗での感想をまとめます。

・ノーマルモード
・Sモード
・ECOモード

サイト管理人情報

元自動車セールスマンおよび車の査定士。他よりも値引きができないディーラーに勤務していたことから、車本体の値引き以外で車を安く買うことができないか考えていました。ディーラー勤務時は社内ルールに抵触するので伝えられなかった方法を当サイトにまとめています。

© 2018 セレナ e-power 値引き rss